2012年08月25日

肌の保湿の3つの大切な要素

肌の保湿ケアをするときの大事なこと、それは主に3つあります。

1つ目は、適切な水分補給をすること。
肌の保湿力は、肌が持っている水分量を増やす(保湿)なので、効率よく肌へ水分を取り込むことが重要です。
保湿には、保湿化粧水や保湿クリームなどを上手に使って、毎日の肌のお手入れに利用しましょう。

ヒアルロン酸などが配合された保湿化粧水や保湿クリームは、一度肌に取り込んだ水分を蒸発させにくくする役割を果たします。
さらに、肌に取り込まれた水分は、肌を形成している細胞の一つ一つの中にまで取り込まれなければ十分な保湿は行われません。

保湿化粧水だけでは、肌の細胞の中にまで十分に水分を取り込むことができない場合があります。
保湿化粧水を使用した後に、保湿クリームや乳液などを使用すると良いでしょう。

2つ目は、毎日続けること。
肌の保湿成分は、毎日補わなければ、保湿力の高い肌を維持することはできません。
乾燥した日、寒い日、体調不良の日・・・その日の天気や体の調子によって、肌の保湿力も水分の蒸発量も変化しています。

その日の体調に合わせて、肌に供給する水分量も、蒸発を防ぐクリームや乳液の量も調節しなければなりません。
自分の肌のバロメーターを早くつかみ、肌の保湿力を上手にコントロールしましょう。

3つ目は、さぼってしまったときのリセット法を知ること。
肌の保湿ケアは毎日必要だと言っても、すごく忙しい日や夜遅く帰ってきてしまった日などは、肌の手入れを簡単にすませて寝てしまったということもあるでしょう。

肌の手入れすらする気力がなくて、お化粧を落とさずに寝てしまったという人もいるのではないでしょうか。
このように、肌の保湿ケアをさぼってしまうと、翌日はかなり肌にとってひどい状態になっています。
三日坊主の人は、細かい肌の保湿状態に応じて、ケアを少しずつ調節するなんてめんどうくさいと思う人もいるでしょう。

肌の保湿ケアをさぼってしまったら、それを取り戻し、もとの肌の保湿状態にリセットできる方法を見つけておきましょう。
誰しもが毎日細かく肌の保湿ケアが出来るわけではありません。
1回くらい肌の保湿ケアを忘れても何とかなると思って続けましょう。

ラベル: 保湿 大切 要素
posted by 保湿 肌 at 00:00| 肌の保湿ケアをするときに注意すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。