2012年08月24日

肌の保湿ケアの原理

肌の保湿を上手に行うには、まずは肌の構造と保湿ケアは何をしているのか、その仕組みを知っておくと、より一層効果的です。

肌、つまり皮膚細胞は、外部環境から体を守るために、体の表面すべてを覆っています。私たち人間が地球上で空気に触れて生活できるのは、皮膚細胞が体内の水分の蒸発を抑え保湿力を維持してくれているからなのです。
皮膚細胞は表面積大人の場合1.5〜2.0平方メートルくらい、重さにして5〜10sくらいある人体では最も大きい器官です。

皮膚細胞は、薄い表皮と厚みのある真皮から成り立っています。

真皮には基底層、有棘層、顆粒層、角層があり、その外側に表皮があります。
基底層で作られた皮膚細胞は有棘層、顆粒層、角層と14日かけて外側に押し出され、角層に14日間程度とどまります。
角層は、肌の保湿成分の多くを保持し、肌のみずみずしさを保っている源であると言えます。
角質にある確執細胞はコーニファイドエンベロープと呼ばれる膜で覆われていて、角質細胞の中にはNMF(Natural Moisturizing Factor)と呼ばれるアミノ酸の一種で、天然保湿因子が存在しています。

角質細胞同士の隙間には、セラミド、コレステロール、脂肪酸で構成された細胞間物質で満たされており、NMFを外へもらさないように固めています。
角質細胞がレンガだとすると、細胞間物質はモルタルやセメントのようなものです。

角質細胞は表皮に押し出され、垢として剥がれ落ちます。このように肌の奥の組織から次々と新しい皮膚細胞が作られ、毎日1層ずつ垢として古い角質細胞が剥がれ落ちていきます。
一般成人ではほぼ1ケ月かけて表皮組織全部が新しく入れ替わりますが、加齢を重寝るとそのサイクルは数か月になることがあります。

肌の保湿を効率よく行うためには、最も保湿に重要な天然保湿因子と細胞間物質をより真皮に多くとどめておくかがカギとなってくるのです。
posted by 保湿 肌 at 02:00| 肌の保湿ケアをするときに注意すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。