2012年08月24日

肌の保湿ケアのポイント

肌の保湿ケアをするには、実際にはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

肌の表皮の上を覆うように、皮脂膜があります。
これは、汗腺からでる汗と皮脂腺から出る皮脂(脂分)がまざりあったもので、皮膚表面に薄い膜を作っています。
皮脂膜があることで、肌から水分が蒸発することを抑え保湿効果を保っています。

また、肌への摩擦抵抗を減らし、表皮の摩耗や肌荒れを防いでいる機能も持っています。
皮脂膜には脂肪酸が含まれており、これにより肌は弱酸性に保たれています。
弱酸性の肌は抗菌作用を持っており、細菌やウィルスの侵入や繁殖を防いでいます。

しかし肌の表面の皮脂膜は、少なく過ぎても多すぎても保湿や肌の健康に良くありません。
皮脂量が少ないと、十分に肌の保湿力を保つことができません。
肌荒れやシワの原因となります。
逆に皮脂量が多いと、脂肌といわれるべたつく肌になり、皮脂は汚れて肌に悪影響を及ぼす有害物質に変化します。
肌の炎症やニキビの原因になってしまいます。

肌の保湿ケアでは、この皮脂膜を適切な量に保つことを心がけましょう。

肌の表面についた汗と埃は水洗いで十分に洗うことができます。
ぬるま湯を用いるとよいでしょう。

皮脂成分は洗顔石鹸などを十分に泡立てて、泡で優しくなでるようにして洗います。
お化粧には、それぞれの肌に合うクレンジング剤でなでるように優しく洗い落します。
一生懸命こすると肌の表皮を剥ぎ取ってしまうことになり、肌荒れの原因となり、保湿効果も失われてしまいます。
古い角質層や余分な皮脂を取り除くのには、クレイパックも効果的です。

洗顔後は、保湿化粧水で肌に水分を補給し、保湿クリームや乳液で肌の水分を逃がさないようにバリアを作っておきましょう。
posted by 保湿 肌 at 01:00| 肌の保湿ケアをするときに注意すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。