2012年08月23日

お肌によって違う保湿ケア

肌の保湿ケアは、肌の状態によって異なります。
あなたの肌は乾燥肌ですか?脂質肌ですか?
アトピー性皮膚炎などのアレルギーをお持ちですか?
それぞれの肌質に似合った保湿ケアを行い、効率よく肌へ水分を保湿しましょう。

乾燥肌の保湿ケアは特に重要です。

乾燥肌(ドライスキン)は、皮脂膜の皮脂量の低下や表皮の細胞間物質の量が減ることにより、水分が失われやすく保湿維持が難しくなっています。
乾燥肌では、表皮が薄くもろくなっています。
肌にはりや艶がなく、しわやくすみもできやすくなります。古くなった角質がめくれあがり白っぽく粉をふいたようになることがあります。

乾燥肌の原因は、皮脂分泌量の低下、天然保湿因子(NMF)の低下、細胞間物質の低下です。老化や血行不良などで起こります。
アトピー性皮膚炎の人の細胞間物質セラミドは、一般の人の3分の1程度しかないことが分かっています。

乾燥肌の人の保湿ケアは、肌の持っている天然保湿因子と細胞間物質(セラミド、コラーゲン)の量を維持し、水分を十分に補給することから始まります。
水分を十分に補給し、それをとどめておくには、保湿成分を含んだ化粧水やクリーム、乳液を利用して、上手に肌に保湿効果をもたらすことが大切です。
また、クリームや乳液は、少ない皮脂分泌量による表皮の保護被膜の補強を行い、肌から水分を蒸発しにくくし保湿効果を高めます。

脂質肌は、乾燥肌と違い皮脂分泌量が多くなっています。
肌の保湿効果は十分ですが、逆に水分が皮脂膜が厚くなっているので、水分が蒸発しにくくなっています。
また、多すぎる皮脂分泌は、肌がべとつき、細菌やウィルスが繁殖しやすくなっています。
肌の表面が不潔になり、ニキビなどの炎症が起きやすくなっています。

脂質肌の人の保湿ケアは、まず肌の表面を清潔に保つことから始めましょう。
洗顔石鹸や化粧水には、アルコールなどを含むものを使用するとさっぱり感があり、肌のべとつきを抑え清潔に保つことができます。

肌の表面に皮脂分泌量が多くても、表皮には水分が少ない人もいるので、保湿ケアはしっかりとした方が良いでしょう。
さっぱりタイプの保湿化粧水やクリームなどを使用して肌の収れん効果を利用しましょう。
posted by 保湿 肌 at 02:00| 肌の保湿ケアをするときに注意すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。