2012年08月23日

肌の保湿:化粧水の利用

肌の保湿ケアには、3段階のステップが考えられます。

1段階目には、肌に失われた水分を効率よく補給することです。
2段階目には、補われた水分を効率よく取り込み保湿することです。
3段階目には、保湿された水分を逃がさないように、表皮にバリア税分となる皮脂膜で覆い、保護することです。

肌の保湿に使用される化粧水は、第1段階目の肌への水分の補給と第2段階目の水分を表皮細胞へ取り込み保湿させる役目を担っています。

肌の表面には皮脂分泌成分があり、肌内部の水分の蒸発を防いでいるため、水分が通りにくくなっています。
普通に肌表面に水を塗っても、なかなか肌内部へは浸透していきませんし、保湿できません。
保湿化粧水には、肌に水分を浸透させやすい成分を含んでおり、効率よく水分を肌内部の表皮に取り込める工夫がなされています。

保湿化粧水を選ぶときは、その含有成分をよく見てみましょう。
セラミドやスフィンゴ脂質は細胞間物質に含まれている成分で、水分を多く取り込む性質を持っています。
これらは、親油性の性質も持っているため、肌内部へスムーズに浸透していきます。
同様の理由でレシチンが含まれている場合もあります。

ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン、ヘパリンやその関連化合物は、水分を多く取り込み保湿する成分となります。
アロママッサージで保湿効果があるのは、キャリアオイルがアロマオイルを肌の内部へと浸透させ、保湿効果のあるアロマオイルが皮膚組織で水分の保湿作用を行うからです。
ラベル: 保湿 化粧水 利用
posted by 保湿 肌 at 00:00| 肌の保湿、まずは水分補給から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。