2012年08月22日

肌の保湿:保湿クリームの利用

肌の保湿ケアで、キーワードとなる化粧品が保湿クリームあるいは乳液と呼ばれるものです。
これらは、保湿化粧水で肌に水分を補い保水した後、その保湿成分から水分を蒸発させないために使用するケア製品です。

クリームや乳液は、化粧水等で肌に与えた保湿成分を逃がさず、うるおいを保ち続けられるように考えられた化粧品です。
水分と油分が含まれており、細かい水分子と油分子が分散した乳化と呼ばれる状態になっています。
水とも油とも馴染みやすくなっているので、十分に保湿された肌になじみます。
また、肌の表面に保湿膜を作るので、一度取り込んだ水分を逃がさないように保湿効果も持っています。

クリームや乳液には多くの種類があります。
肌の保湿を目的として使用する乳液は、肌の保湿効果のある乳液を選びましょう。

最近よく見かけるのが、セラミド入りの保湿クリームです。
セラミドは皮膚の表皮の角質細胞同士の隙間を埋める細胞間物質の主成分です。
表皮に存在するセラミドは、肌の水分を取り込み保湿効果を保っています。

しかし、加齢とともにセラミドの量は減少していきます。毎日の肌の保湿ケアでセラミドを補うことは、保湿効果を高めるために大変よい方法です。

保湿化粧水や保湿クリームで肌の保湿ケアをする前に、古くなった角質やクリームをきれいにおとし、洗顔しましょう。
とはいえ、熱すぎるお湯を使用したり、石鹸で一生懸命こすったりすると、健康な角質層を傷つけてしまうだけでなく、表皮のセラミドも洗い落としてしまいます。

力を入れて肌表面をこするのではなく、石鹸を細かく泡立てて、泡でなでるようにさする洗顔方法がよいかと思います。

posted by 保湿 肌 at 02:00| 肌の保湿、まずは水分補給から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。