2012年08月22日

肌の保湿:コラーゲンの利用

肌の保湿に重要な役割を果たしている成分のひとつにコラーゲンがあります。
コラーゲンは肌だけでなく、動物の皮膚や関節、臓器などあらゆる部分に存在しているタンパク質の一種です。
人間の体内にはタンパク質が全体の約20%を占めていますが、そのタンパク質の3分の1がコラーゲンであると言われています。

コラーゲンは網目状の構造をして、長く伸びたタンパク質の繊維があちこちでお互いにつながっています。
その網目の中に水分子をとりこみ、ばね状の弾力によって肌にはりとうるおいを与えているのです。

コラーゲンは25歳くらいをピークに、加齢とともにだんだんと減少していきます。
紫外線による損傷や喫煙によるダメージなどによっても、コラーゲンが減少してしまいます。
コラーゲンは新陳代謝によって次々と新しく作り出されています。古くなったコラーゲンは弾力性を失い、保湿能力も落ちてしまいます。
その結果、肌のつやや弾力がなくなりしわやたるみの原因をつくってしまいます。

人間の肌では、コラーゲンが保湿効果やはりやつやに重要な役目を果たしています。
真皮組織では、その70%がコラーゲンであると言われています。

肌の保湿ケア化粧品では、コラーゲン入りの保湿化粧水や保湿クリームなどが多く見られるようになりました。
コラーゲンはタンパク質なので、なかなか肌から吸収するのは困難です。

できるだけ質量の小さいコラーゲンを利用すると、効率よく肌の保湿を行うことができます。
現在では、ペプチドコラーゲンやマイクロコラーゲンと呼ばれる低分子のコラーゲンを使用した保湿化粧品が開発されています。
低分子のコラーゲンはすっと肌に吸い込まれるように馴染んで、肌の保湿感が実感できます。

posted by 保湿 肌 at 01:00| 肌の保湿、まずは水分補給から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。