2012年08月22日

肌の保湿:ヒアルロン酸の利用

肌の保湿化粧水や保湿クリームにヒアルロン酸を利用した製品が多く見られます。
ヒアルロン酸にも大きな保湿効果があり、メーカーはこれを肌の保湿に利用しています。

ヒアルロン酸は、真皮には存在していますが表皮にはありません。
ヒアルロン酸はコラーゲンやセラミドと同様に大きな保湿効果があることから、セラミドやコラーゲンの代用品としても肌の保湿化粧品に利用されています。
しかし、肌から吸収された保湿成分としてのヒアルロン酸が真皮まで到達することはありません。
保湿化粧品によって真皮のヒアルロン酸の量を増やすことはできません。

肌の保湿化粧品に配合されているヒアルロン酸のほとんどは、人工的に化学合成されたものです。もともとは鶏のオスの鶏冠(とさか)から抽出していたので、コストがかかり、ヒアルロン酸配合の保湿化粧品は高価でした。
今では、セラミド配合の保湿化粧品よりずっと安価に入手することができます。

ヒアルロン酸は非常に高い保湿能力を持っています。その保湿能力は、一度吸収した水分は乾燥状態でもなかなか蒸発しないと言われています。
保湿化粧品には化粧水やクリームなどに、コラーゲンやセラミドど一緒にヒアルロン酸が含まれているものが多く見られます。

ヒアルロン酸配合の保湿化粧品を使うと、肌がべとつく場合があります。
特に汗をよくかく夏場や、20代のような肌に充分うるおいのある人が使った時は、保湿しすぎてお化粧がのりにくいことも出てくることが考えられます。
ヒアルロン酸配合の保湿化粧品は、コラーゲンやセラミドが減少してきた年輩の人を中心に利用すると良いでしょう。

posted by 保湿 肌 at 00:00| 肌の保湿、まずは水分補給から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。