2012年08月21日

肌の保湿:アロマオイルの利用

肌の保湿ケアに、アロマオイルを利用してみませんか。

最近、アロマテラピーは大変人気が出てきています。
100%天然の素材を使用し、環境にも優しくお肌にもやさしいからです。
また、アロマオイルには、植物の持つ様々な効能があります。
それぞれの体調や体質に合わせて組み合わせや使い方を工夫することで、どなたにでもぴったりの肌の保湿ケアが可能になります。

アロマオイルを肌の保湿ケアに利用するには、アロマオイルを使ったクレンジングオイル、保湿化粧水、保湿クリームなどを手作りするとよいでしょう。

肌の保湿ケアには、保湿作用が知られているアロマオイルを利用しましょう。

乾燥肌の人はカモミールローマン、ネロリ、ローズオットーなどを利用するとよいでしょう。
化粧水にはグリセリンを、保湿クリームには保湿効果の高いホホバオイルやマカダミアナッツオイルなどを多めに利用してみましょう。
効率よく肌に保湿できるようになるでしょう。

脂性肌の人にはイランイラン、サイプレス、ローズマリー、パチュリなどのアロマオイルを利用すると良いでしょう。化粧水には少しだけエタノールを混ぜるとさっぱり感がでます。

肌の加齢でしわやたるみが気になる人は、フランキンセンスやネロリ、ローズオットー、ミルラなどを使ってみましょう。
ローズマリーは「若返りのハーブ」とも言われ、血行を良くし新陳代謝を高めることで肌のむくみやたるみを解消する効能が期待できます。

毎晩のバスタイムにも、アロマオイルを利用してみましょう。
肌の保湿効果のあるアロマオイルを1〜5滴浴槽に加え、芳香浴と沐浴を同時に楽しみましょう。香りで疲れをとって、肌への保湿効果や血行もよくなります。

posted by 保湿 肌 at 01:00| ちょっとひと工夫で肌の保湿に効果的! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。