2012年08月20日

肌の保湿:バスタイムを有効に

肌に水分を補給し、保湿ケアをするのに、バスタイムは絶好のチャンスです。

入浴は体を温め血行を良くし、新陳代謝を促します。
また、体を洗うことで古くなった表面の角質をおとし、肌を清潔に保つことができます。
そして何よりも、たっぷりとお湯につかることで、肌に水分を補給し保湿力を回復させることができます。

バスタイムを肌の保湿力アップに上手に活かすために、ちょっとひと工夫してみませんか。

今ではバスタイムを楽しくする様々な製品が売られています。
生湯そのものは、肌に刺激を与え、肌の水分を奪ってしまいます。

浴槽水には入浴剤を加えて入浴する方が良いでしょう。
肌への刺激が少なく、肌からの水分が逃げにくくなります。

アロマオイルを使用したバスソルトやバスオイルを使用すると、肌の保湿効果が増加し、湯上り後も肌の保湿が保たれていると感じることがよくあります。
バスソルトに使用する天然塩は、体を温め血行を良くする効果があるので、短時間でよく温まり、湯冷めしにくくなります。

長湯をしてしまうと、肌から水分がどんどんと失われてしまいます。
特に熱い湯は肌表面の皮脂膜を溶かしてしまうため、肌の保湿力を失いやすくなります。
ぬるめのお湯でもあまり長くは浸からない方がよいでしょう。

また、石鹸やシャンプーは肌への刺激の少ないものを選びましょう。
よく泡立てて泡でなでるように優しく洗いましょう。
ボディータオルはナイロン製のものは表皮を傷つけ、肌の保湿力を損ねてしまう可能性があります。
木綿製やシルク製などの肌に優しい素材を使うとよいでしょう。

バスタイムで最も大切なのは、湯上り後出来るだけ早く、肌の保湿ケアを行うことです。
入浴後は急激に肌から水分が奪われていきます。

湯上り後、まだ肌が潤っている間に、保湿化粧水で失われた水分を補給し、保湿クリームや乳液で水分の蒸発を防ぐ保湿ケアをしておきましょう。

手足や身体に対しても、保湿ローションやアロマオイル(キャリアオイルで希釈したもの)などで保湿とバリア皮脂膜をケアしておくと、肌の保湿が保たれるでしょう。

入浴後の保湿ケアは10分以内に行うと、最も効果的だと言われています。

posted by 保湿 肌 at 18:13| ちょっとひと工夫で肌の保湿に効果的! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。